水着の誕生

もともと、海周辺の人たちでしか行われてこなかった海水浴ですが、鉄道など遠くに移動することができる機関が発達したことによって、多くの人が海のある地域などに移動することが1800年代あたりから可能になりました。それによって、海水浴などを楽しむ人が増加していくようになりました。

海水浴を楽しむ人が増えたことによって誕生したのが、水に濡れたときに肌が透けないような生地でつくられたスイミングスーツと呼ばれる衣服です。上は腕の肘まで、下は膝まで覆われているもので、これが最初の水着の誕生であったと考えられています。

最初に誕生した水着というのは、濡れても透けないという部分を重視していたため、露出部分が少ないのが特徴的でした。また、上下そろいの水着であったために今の水着などと比べると水中の中では動きが妨げられやすく、少し動きにくさもあったと言われています。

そんな初代スイミングスーツの誕生から、1900年代に突入すると最初に誕生したスイミングスーツよりも胸ぐりが深くなっており、袖が無くなったメリヤス製の水着が誕生しました。この水着が誕生してから、時代の変化と共に徐々に水着は肌の露出が多いデザインに変化していったと言われています。